医療脱毛後の必須ケア

医療脱毛した直後のお肌は、乾燥状態になっています。熱エネルギーを使って毛根を壊していく方法なので、どうしても水分を奪うためです。効果が長続きしやすいとされる医療脱毛は、強力なレーザー光を照射します。照射したあとも一定期間は熱を持った状態になって、乾燥しやすくなるはずです。乾燥したお肌はデリケートな状態になってトラブルを起こしやすく、十分な保湿が必要でしょう。

具体的なアフターケア方法ですが、クリニックの指導に従いましょう。指定の保湿クリームを使うように言われていたら、用法通りに塗り込みます。次回の照射日までのスケジュールを考えて、いくつかストックを買っておくと安心です。市販の保湿アイテムを使う場合は、お肌に優しいタイプを選びます。負担がかかりやすいアルコールやメントール入りのケア商品は、できる限り控えるのがルールです。背中のように手が届きにくい部位を医療脱毛した場合には、ミストタイプの化粧水が便利でしょう。お風呂上がりなど乾燥が気になるタイミングで、たっぷり保湿していきます。保湿ケアは継続することが重要なので、高価なものほど望ましいわけではありません。肌質に合った保湿アイテムを継続的に利用して、乾燥トラブルを防ぎます。保湿はしっかり行うとして、それ以外の注意点はあるのでしょうか。医療脱毛を受けてから次に行くまでのお手入れで、効果の出方も変わってきます。医療脱毛後に意識したい正しいセルフケア方法を、今一度確認してみましょう。


<外部リンク>
レーザー脱毛を専門としているクリニックの一つです。医師も常勤しており、アフターケアが充実しているので、参考にしてみてください⇒⇒ 医療脱毛 アフターケア